オオサカハリアナツウシン

ピンホール写真ニ記憶サレル私
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 瀬戸内海で針穴 | main | 夏休みの自由研究 >>

フェリーの人々

フェリー5


フェリーの旅を楽しんでいる間、ピンホールカメラを海に向けてシャッターを切った。そしてフェリーの旅を楽しんでいる人にもカメラを向けてシャッターを切った。街中とは違って、海を眺めながら黄昏れている人も多く、しかもそういう人たちはじっと動かないので、絶好の被写体になってくれるのだった。これは明石海峡大橋と夕陽を眺める初老の男性。
フェリー6


ジャンボフェリーのデッキにはベンチやバルコニー状の展望場所がある。4時間弱の船旅だから、入れ替わり立ち替わり、いろいろな人がやってくる。画面中央奧の二人連れは途中でいなくなったので、ぼんやりと写っている。階下のベンチ組はずっとそこにいたので、しっかり写っている。遠くに見える陸地は神戸市須磨区あたり。

フェリー7


フェリー上での写真が続いた。最後は高松港を出港して間もなく、進行方向に向かってシャッターを開いたものを出しておく。中央部と周辺部の明暗の差があって、真ん中にぽっかりと丸い穴が空いたように見える。これもまた針穴写真の一つの形。
ゼロピン | permalink | comments(2) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

totoさん、こんにちは。
2枚目は進行方向に対して左側を向いて撮っています。だからどこにも行けません(笑)。針穴で撮ると、少し騙し絵的なモノができたりすることもあり、それがまた楽しいですね。またチャレンジしてみて下さい。
morio | 2004/09/06 12:40 AM
こんばんは、最近針穴が出来なくて、うずうずしてます。二枚目の写真のフェリーはどこへ向かっているのでしょう。なにか別の世界へと向かっているような幻想的な感じがたまらなくいいです。このまま時間をこえて針穴時間の世界へと向かっているよう。
toto | 2004/09/05 2:02 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://morio0101.jugem.cc/trackback/59
この記事に対するトラックバック
いよいよ9月に突入! 秋一番のハリアナ、おまちしています。 毎度おなじみテーマフリーのハリアナトラックバック企画です。 今回もバシバシ針穴写真をアップしてTBしてください。 毎回新しい方からのTBが増えてきているのでとっても楽しみです。
今週のハリアナ 9/1(Wed)-9/10(Fri) | 針穴友の会 | 2004/09/03 8:12 AM

MURMUR
九月に東京で針穴写真のグループ展をします。
グループ 針穴魂
第1回針穴写真展
2007年9月11日(火)〜16日(日)
12:00〜19:00(最終日は16:00まで)
Roonee 247 photography(東京・新宿四谷)

haritama3D 針穴魂

BlogPeople
TrackbackPeople